BMBio 総合カタログ
670/730

◆ 波形・チャンバーバッファーが至適化されています。◆ 交流波の周波数の設定が可能です。◆ Windowsベースのソフトウェア(標準付属)を使用したプログラミングと設定保存が可能です。◆ 9mlの大容量チャンバーを使用することで1回の操作で最大1.8×106個の細胞を処理することが可能です。◆ サンプル中の抵抗値を随時測定しPC画面に表示します。◆ 交流波パルスを調整することで、細胞の整列の速度を遅くし細胞間の圧力を増加させることができるので細胞融合の効率が向上します。ハイブリドーマ作製~PEG法に比べ10倍以上の効率~専用チャンバーで簡便にスケールアップ多様な交流波・スクエアパルス出力制御、大容量チャンバー対応の細胞融合装置■ アプリケーション• 抗体産生ハイブリドーマの作製• 細胞間の核移植• 免疫治療用ハイブリッドの作製• 遺伝子導入 (mRNA・siRNA・plasmidなど)HybrimuneTMシステムはモノクローナル抗体作製における第一段階であるハイブリドーマ作製を迅速かつ効率的に行えるよう設計されています。エレクトロフュージョン法は細胞の配列および融合を1回の操作で大量サンプルを最大効率で行うことが可能です。百日咳毒素をアジュバントとして免疫を施したヒト抗体産生トランスジェニックマウスから回収した脾細胞をSP2/0マウスミエローマ細胞と細胞融合させた場合、HybrimuneTMを用いたエレクトロフュージョン法ではPEGを用いた標準法に比べ、10倍以上の抗原特異的クローンが得られました(下表)。本システム付属のチャンバーはOptimizationチャンバーで設定した条件を変えることなくProductionチャンバーへスケールアップすることが可能です。Optimizationチャンバーの底面は透過式になっており、細胞融合操作中の細胞の状態を顕微鏡で観察することが可能です。また、いずれのチャンバーも洗浄・滅菌することで再利用が可能です。 1 20 0 2 10 0 3 400 23 4 151 21 平均 154 11 HybrimuneTM PEG 抗原特異的クローン(データ提供M. Coccia, PhD, Platform Development Group, Medarex Inc., Milpitas, CA)OptimizationチャンバーProductionチャンバーサンプル容量<2ml<9ml外側内径45.72mm内側外径38.10mm電極ギャップ幅3.81mmウェル高5mm18mm外寸(cm)13.5×7.7×2.211×10×5OptimizationチャンバーProductionチャンバー※別途コントロール用PCが必要です。※ライセンス契約について:本システムの使用には営利団体・非営利団体を問わずライセンス契約が必要となります。詳細は弊社担当(btx@bmbio.co.jp)までお問い合わせください。■ 波形略図・HybrimuneTM 本体・HybrimuneTMソフトウェア(BTX47-0301)・Optimizationチャンバー、2ml (BTX47-0030)・Productionチャンバー、9ml (BTX47-0020)・BTXpress Cytofusion Medium C (BTX47-0001)・電源ケーブル・マニュアル・保証書カタログNo.BTX47-0300 商品名HybrimuneTM細胞融合システム交流波設定波形正弦波(コンスタント、リニア、ノンリニア)周波数0.2-2MHz(0.2MHz刻み)時間0-20sec (1sec刻み)電圧5-75Vpk(5V刻み)直流波設定電圧100-1000V(5V刻み)パルス幅20-1000μs(10μs刻み)パルス数0-10パルス間隔0.125-10sec(0.001sec刻み)寸法(W×D×H)30.5×40.6×16.5cm重量11.3kg包装1式希望販売価格 ¥6,150,00017-4SAMPLE PREPARATION & PROCESSINGSHAKING & INCUBATIONCENTRIFUGATIONCELL BIOLOGYGENE AMPLIFICATIONLIQUID HANDLINGGEL DOCUMENTATIONIMAGINGGENE EXPRESSION予告なく仕様が変更になる場合がございます。細胞融合装置細胞融合装置細胞融合装置HybrimuneTM

元のページ  ../index.html#670

このブックを見る