BMBio 総合カタログ
660/730

HPSLLGTWhisper QuietAUM3ブロックシステム Biometra TRIOサーモサイクラーは3つの独立したブロックとヒートリッドを備えています。マルチブロックテクノロジーにより3つのブロックで並行して異なるプロトコルを実行させることができます。高性能アルミニウムブロック Biometra TRIOサーモサイクラーでは高速アルミブロックが採用されています。また、Biometra TRIOのサンプルブロックは迅速な温度制御を可能にするために軽量化されています。ヒートリッドが閉じられるとリッドのラバーシールがサンプルブロックを密閉します。これによりブロックの温度均一性を保持し、最高温度においても優れた温度均一性を達成することを可能にします。Block Control:Biometra TRIOブロックは設定された温度に対して、アンダーまたはオーバーシュートを抑えた温度制御がされています。クラッチメカニズム機構(High-Performance Smart Lid:HPSL) HPSLと呼ばれるヒートリッドシステムのスリップクラッチによりチューブ、プレートの形状や高さに関係なく一定の圧力がかかるように設計されています。適切な位置でロックは空回りするので締めすぎることはありません。これにより再現性の高い結果が得られます。ヒートリッドが閉じられるとリッドのラバーシールがサンプルブロックを密閉します。サンプルブロックを密閉することで温度の均一性を高め、PCR終了後の冷却ステップ中の結露を防止します。ユーザー管理機能(Advanced User Management:AUM) Biometra TRIOソフトウェアは3種類のユーザー権限(administrator、一般的な権限を持つユーザー、限られた権限を持つユーザー)を設定することが可能で合計30ユーザーアカウントを管理することができます。Administratorは各々のユーザーの権限を設定することができます。装置へのアクセスを許可されたユーザーに限定することができます。ユーザーアカウントとパスワードで管理することでシステムの設定およびPCRプロトコルへの不要な変更を回避することができます。(管理機能を使用したくない場合は、ソフトウェアでツールを無効にすることもできます)3ブロックシステム3ブロックを使用したグラジェント機能クラッチ機構採用によりサンプル容器への適正な圧力コントロールを実現静かな作動音:<45dBユーザーごとにプロトコールを管理独立して運用できる3ブロックのマルチタイプ3ブロックを使用したグラジェント機能 最良のプライマーアニーリング温度を見つけることは、PCR反応の特異性と効率性のために重要です。多くの場合、限られた最適化実験だけでは、非特異的な増幅やPCR効率の低下につながってしまうことがあります。Biometra TRIOのTemperature Optimization Step(TOS)機能を使用することで、新規のプライマーのアニーリング温度を迅速に検討し、最適化することができます。ダイレクトプログラミング機能 PCRプログラムはスプレッドシートかグラフィカル画面のいずれかで、変更するパラメーターをタッチし希望の値を入力することで簡単に編集することができます。パラメーターの入力は、スプレッドシート、グラフィカル画面のいずれの画面からも入力可能です。GLP適合 実行ログファイルを保存することに加えて(長期保管のためのエクスポートも可能)、Biometra TRIOでは、イニシャルテストとセルフテストでのエラーメッセージおよび結果を保存することができます。AUMとドキュメント作成ツールを組み合わせることでGLPに準拠した管理をすることができます。16-6SAMPLE PREPARATION & PROCESSINGSHAKING & INCUBATIONCENTRIFUGATIONCELL BIOLOGYGENE AMPLIFICATIONLIQUID HANDLINGGEL DOCUMENTATIONIMAGINGGENE EXPRESSION予告なく仕様が変更になる場合がございます。サーモサイクラーサーモサイクラーBiometra TRIO

元のページ  ../index.html#660

このブックを見る