BMBio 総合カタログ
254/730

4-46サンプルのご依頼はwww.bmbio.com/ 03-6666-5902PCR TUBES / PCR PLATESGLOVESPIPETTES RESERVOIRSTEST / DEEP WELL PLATESTISSUE CULTURETEST TUBESCHEMICALPRODUCTSPIPETTE TIPSMICRO TUBESCRYO PRODUCTSCoolCell®細胞凍結用コンテナ:CoolCell®幹細胞Human Embryonic Stem Preadipocytes Breast Cancer Stem Colon Cancer Stem Gliablastoma Cancer StemMouse Embryonic StemHuman Endothelial Progenitor初代細胞Neonatal Keratinocytes Human WBCs Mouse WBCs Human CD34+ Muscle Human Tendon Fibroblasts Melanoma Tumor Human Cardiac Ventricular Human Cardiac Atrial細胞株CHOLnCapHTB77A549HeLa図1:ヒトES細胞をそれぞれの方法で凍結した3本のチューブを液体窒素で2週間凍結保存した。その後、各3本のチューブを解凍直後(Day1)と3日間の(Day3)培養後にそれぞれ細胞数測定を行った。CoolCell®を使用して凍結した細胞には、33%の細胞増殖が確認された。図3:PBMCをCoolCell®と他社アルコール式コンテナーをそれぞれ使用して凍結し、液体窒素で保存。その後解凍し、トリパンブルー染色方法で生細胞数を測定し、比較を行った。両商品とも、結果に大きな違いは見られなかったが、CoolCell®の場合、メンテナンスが不要である。図5:HeLA, CHO-K, K562, NIH3T3の各細胞株をCoolCell® LX、CoolCell® FTS30、他社商品のアルコール式コンテナーを使用して凍結を行った。解凍後、遺伝子導入効率と細胞生存率のいずれも同じ結果が得られた。図2:アラマーブルー酸化還元反応でのRC10細胞の細胞増殖測定。CoolCell®で凍結した細胞は成長が早く、高い増殖率と細胞数の増加が確認された。図4:HUVEC混濁液をCoolcell®と他社アルコールコンテナ(各5個)で凍結し、急速に解凍後、培地に再混濁して生細胞数を測定した。CoolCell®の性能は、他社商品を大きく上回った。図6:解凍後、24時間、同様の細胞増殖が確認された。CoolCell® Performance

元のページ  ../index.html#254

このブックを見る